インサイト・モデレーター養成講座

 

【モデレーターとは】

パネルディスカッションや、グループ討議の司会調整役を

「モデレーター」と呼びます。

マーケティング・インタビューにおいては、お客様に対して、一期一会でお話を聞く、大事な役割をに担うのが「モデレーター」です。
「モデレーター」の腕次第で、重大なヒントを見つけることができるといっても、過言ではありません。

 

 

テーマの把握。インタビュー・フローの作成。

そして当日の本番時。

フロー通りに進むときと、フローから少し離れてでも聞くべきこと。

 

 

参加者のことばを受けとめるだけではなく、

ことばにできない想いを受け取るスキル。

場が何で盛り上がったのか?

しっかりと把握する力をつけてください。

 

 

モデレーターは、テーマを鋭く追及し、

問題解決のために、対象者にしっかりと聴く重要な任務を

担うのです。

 

 

株式会社マーケティング・ハピネスでは、

トレンドとして表層に現れる前の、生活者心理の解き明かしや

インサイト(注)の発見に

長年取り組んでまいりました。

((insight:洞察、直感。マーケティングでは購買心理の意味で使われる

 

弊社ならではの、ノウハウの蓄積がございます。 

調査専門会社の講座との違いが、ここにあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【こんな方に受講をおすすめします】

 

□商品開発や企画・マーケティングに携わっている。
□店舗、WEBショップで商品を売っている。または売ることを考えている。
□取材等、人に話を聞くことができる仕事につきたい。
□司会、調整役そのものに興味がある。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

しっかりと学習していただくことで、

自信を持って、お客さまをはじめ、様々なインタビューを

こなしていただくことができるようになります。

この講座の卒業生が、そのことを証明してくれています。

 

 

口下手だとか、おとなしい性格だとかは問いません。

”方法”を知ることで、その日はじめて会う方にも深く切り込める質問が

できるようになるからです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

弊社が、力を入れているのは「課題解決」のための”聞く力”を

身につける、ということです。

 

スキルと書いていますが、テクニックというより大切なことは

考え方、取り組み方です。

また多くの人が間違う「聞いてはいけないこと」があります。

 

今どきだな、と感じるのは、スタートアップ、NPOスタッフの方が
関心をもたれていること。

とても良いことだと考えます。

調査会社に依頼せずとも、自分たちで座談会を開催することが

可能になります。

 

アイデアは大事です。

ただし、それだけでは長く続きません。

対象者、想定顧客の声にならない想いを掴みとること。

そういった力を多くの方がますます、得ていただけたらと

心から願っています。

 

また、インサイトの発掘生活者向けマーケティングについて

続けて勉強したいという方のために、弊社ではインサイト研究会毎月、東京、大阪で開催しています。

こちらも是非のぞいてみてください。

 

  

株式会社 マーケティング・ハピネス

松本 朋子

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1対1インタビューレッスンはこちら